「音楽を発表する場所が欲しい。」

昨今の音楽配信市場は新しいアーティストが輩出しづらい状況です。
その為、大手メジャーレーベルからリリースができたとしてもやってくれる事、様々なサポートを昔ほどしてくれません。そしてレーベルと契約出来るアーティストはまだ良いですが、いくらレーベルからのサポートが少ないとしても新しいアーティストのレーベル契約はクオリティーは必須条件となり、なかなかリリースできない。。

昨今はそれならばと、自分の音楽が聴かれるようSoundcloudやYoutube等のネットで配信する、そして自身のライブ、M3やコミケなどのイベントでCDを発売する形が一般的になっています。そして、そのCDに付属して大体の方が「音楽配信を付属したい!」と考えるのですが、、既存の音楽配信サービスは初期費用が非常に高く、ハードルが高い。。

私どもは7年間、インディーズの音楽レーベル運営を行ってきました。その音楽レーベルからリリースした作品はお陰さまで、国内外の配信サイトにおいてランキング1位を含む多数のトップチャートを獲得し、国内においてはYahoo News様など様々なメディアに取上げられた作品もリリースする事ができました。

そのレーベルの中に参加するアーティストはプロの音楽家もいれば、サラリーマンと兼業で趣味的にやっている音楽家の方もいました。この7年間の中で色々なリクエストを受けましたが圧倒的に多いのが、この「自由に音楽配信させてほしい、Soundcloud, youtubeだけではなくiTunesやBeatportなどの有料サイトでも配信したい」でした。

やはりレーベルをやっているとカラーなどの問題で全ての応募作品をリリースする訳には行きません。その時に「こんな時代なのにお蔵入りさせるのはもったいないなー」と他社サービスで配信をしようと考えるのですが、、、上記で挙げたように初期費用が高い。。。これは私どもの一意見ですが音楽発表したいだけなのに、最初に必要経費以外のお金がかかるのはおかしいと思います。。

そこでレーベルに参加していた人間同士で話し合い、この”FUNQTION”を立ち上げる事に事にしました。
“FUNQTION”は会社ではありません、個人の有志が集まった音楽ディストリビューション支援サイトです。その為、できる事とできない事がハッキリしてしまいます。例えば配信に特化するためCD等のその他の媒体はディストリビューションを行いません。(これはメリットデメリットの項目に記載してあります。配信を希望する方は熟読してください。)

有志で集まって支援している為、他社サービスのようにシステム化している物でもありません。一人一人とメールでやり取りし、アーティストサイドの希望やFUNQTIONサイドの希望を話し合って行ければ嬉しく思います。

そして他サービスのように大人数を雇い、システムに載ってビジネスする訳ではないので配信の初期費用は一切頂かないつもりです。ただし日本、世界の音楽配信サイトへ流通をするディストリビューションの内容は他サービスと変わりません。iTunesやamazon、海外No.1ダンスミュージックサイトbeatport(希望が多い)、Spotify(海外のみ)、そしてレコチョク等、国内外300以上のサイトに配信が可能です。エンコードなどの作業費用も基本的には不要です。配信後のダウンロード数、販売ダウンロードサイトなどは半年毎にメール送信される明細書で確認できます。

私どもの7年間があなたの”アーティスト活動”のスタートの力になれれば、、そんな思いからこのサイト、そしてレーベルを設立しました。

2015年3月9日 FUNQTION有志一同